村長のページ

 

トピックス

トピックス
2
 
ドイツの小さな村に日本の山村の未来が見える!
2014-04-14

ドイツバイエルン州の南に、ドイツで一番幸せな村と言われている「レッテンバッハ村」があります。111日から長野県根羽村を皮切りに、全国6ヶ所でレッテンバッハ村のフィッシャー村長の講演会が開催されました。レッテンバッハ村は、1978年に州政府の法律により合併が行われました。合併後、学校や公共施設が統合売却され、店やガソリンスタンドもなくなってしましました。合併前の人口が700人であったのが、若者が流出してしまい、580人まで人口が減少しました。「このままでは村が崩壊してしまう」との危機意識から、現村長のフィッシャー氏を中心に独立運動を進め、州政府の法律を改正させ1993年に独立にこぎつけました。独立後まずインフラ整備を進めましたが、補助金等に頼らず全部自分たちで考え、自分たちの手で一つ一つ作り上げて行った結果、村にはまったく借金がありません。村の大きな収入源となっているのは、太陽光発電を中心とした自然エネルギーの活用で、15億円もの収入があるようになりました。また、薪ボイラーによる熱供給も盛んで、薪は村民が持ち込むと、村内で使える地域通貨がもらえます。このことが村内に経済循環を起こさせます。村の中心部には、村営スーパーがあり、多くの村民が買い物や憩いの場として集います。また、村内にあった小さな工場が今では世界に通じる工場にまで発展しました。これらの工場を担っているのは、農家の息子たちで、エンジニアとしての誇りと併せ、雇用の場としても重要な部門を担っています。そして何より、次世代を担う子供たちをとても大切にしています。村には子供たちの議会があり、予算もあります。子供たちが自発的に地域づくりに取り組める仕組みがあります。子供たちが故郷に誇りを持って幸せを感じれば、大人になった時に必ずまた戻ってきてくれます。大人がその魅力を子供たちに伝えるのがとても大切であるとフィッシャー村長は強調されました。

レッテンバッハ村は現在人口が830人を超えるまでになりました。日本の山間地はどこも必死にあえいでいます。そうした中で、「自分たちの住んでいる地域と暮らしはとても素晴らしいんだ、自分たちの心のスイッチを切り替えて、もっと地域に自信と誇りを持とう、それがこれからの地域づくりの原点である」そんな熱い思いを改めて感じさせてくれたのがフィッシャー村長でした。

 

(2014414)

 
「トータル林業」の取り組み
2014-04-14

村内に7軒あった製材工場が次々と姿を消し、最後に残った唯一の小さな製材所もついに閉鎖することとなった。平成7年のことである。かつて山から多くの恩恵を受けてきた村から製材所がなくなることは、林業立村を目指す上で大きな痛手となってしまう。そんな熱い思いで村がこの製材所を購入したことから、根羽村の新たな林業への再挑戦が始まった。時を同じく、地域材を使おうという動きが全国各地で起きていた。丸太を加工して売れば付加価値が付くだろうとの単純なもくろみは、スタートから頓挫した。一方、消費者側である設計事務所や工務店は、地域材を使おうにもどこにあるのか、品質や価格は保証されているのか、注文にきちんと対応できるのかなど多くの疑問を抱えていた。それじゃあ双方の情報を共有すれば、この問題は解決できる。家を建てようとするお施主さんの情報を、設計事務所や工務店を通して、山元である森林組合と共有することによって、計画的に森林を間伐し、必要な材を製材し、家を建てる現場まで直接お届けする「トータル林業」の仕組みを構築した。消費者には安全で安心な材料が確実に手に入り、山では間伐によって適正に森林が管理でき、加工販売することによって森林組合で雇用が確保される。村の中で林業が再度「業」として復活できる確かな手ごたえを感じた時である。

 村の中で「雇用の循環があること」、「経済の循環があること」、「生きるための小さなサービスの循環があること」が、人が住み続けられるためには必要である。自分たちの地域を誇れる大人となって、次世代を担う子供たちに明るい未来をつないで行くことが、私たちの役割と思うのは私だけでしょうか。

 

(2014414)

2
根羽村役場
〒395-0701
長野県下伊那郡根羽村1762
TEL:0265-49-2111
FAX:0265-49-2277
------------------------------

648219
<<根羽村役場>> 〒395-0701 長野県下伊那郡根羽村1762 TEL:0265-49-2111 FAX:0265-49-2277